会社概要

会社名 愛媛パルプ協同組合 (通称:AIPA)
英文社名 Ehime Pulp Cooperative Association
設立 1969年(昭和44年)7月
資本金 5億6,550万円
組合員 パルプ・紙・紙加工品製造業8社
事業内容
  • 古紙100%再生パルプ製造事業
  • 製紙スラッジ焼却処分事業
  • EPCO製品共同販売事業
  • パルプ販売事業
再生パルプ
(古紙100%)
製造能力
  • APライン(AP) 240t/day
  • SPライン(SP)  60t/day
  • MCPライン(MCP) 45t/day
その他主要設備能力
  • 製紙スラッジ焼却処分 180t/day
  • 工業用水等用水量  11,000㎥/day
  • 排水処理能力  12,000㎥/day
工場概要
  • 工場敷地 21,840㎡
  • 建物面積 9,668㎡
認証取得

 

 

愛媛パルプ協同組合 本社

所在地 〒799-0101
愛媛県四国中央市川之江町415-1
TEL 0896-58-5286
FAX 0896-58-8041

大阪事業所  AIPAリサイクルセンター

所在地 〒559-0025
大阪市住之江区平林南1-3-82
TEL 06-6115-6680
FAX 06-6115-6675
設備能力 破砕機 30t/日    プレス機 120t/日

機密書類・紙ごみの回収はAIPAリサイクルセンター

 オフィスから発生する重要機密書類を、段ボール等の包装を開くことなく【密封丸ごと】破砕処理(抹消)が可能。
破砕後の機密書類は、すべて愛媛県四国中央市の古紙再生パルプ工場で溶解再生(リサイクル)し、資源へと生まれ変わります。
 機密文書の破砕処理(抹消)と溶解再生(リサイクル)において、機密情報漏洩等の責任を明確にするため、機密文書の処理に応じて【破砕抹消処理証明書】と【マテリアルリサイクル証明書】を発行いたします。