未来へ自然を残したい

機密保持

愛媛パルプ協同組合(AIPA)の廃棄書類リサイクルにおける機密保持の方法

AIPA専属の収集運搬トラックが、発生元から廃棄書類を回収し、直接当工場へ搬入し溶解処理します。廃棄書類などの流通を簡潔・明瞭化することと、回収→運搬→処分の責任体制を明瞭化することにより、信頼性の高い機密保持を図ります。

AIPAでは、機密性の高い廃棄書類については、発生現場でのシュレッダー(細断加工)処理をお奨めしています。シュレッダー処理は、排出時に機密性が保持できる最も確実な方法です。排出されたシュレッダーくずは、いかなる形状を問わずAIPAが委託した収集運搬業者がくまなく回収しリサイクルいたします。尚シュレッダー機器の御相談は、ナカバヤシ(株)まで。

AIPAでは、宅配便や自家用便にて発生元から直接持ち込まれた機密書類等の溶解処分には、最大の便宜を図っております。【発生者による直接釜入作業】、【釜入溶解の立合い確認】、【溶解処理映像等のフィードバック】、【釜入溶解証明書の発行】

kimitu-P3kimitu-P2kimitu-P

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0896-58-5286 受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日除く)

Copyright © 愛媛パルプ協同組合 All Rights Reserved.